株式会社九南

MENU

お知らせ

都城市・九南・日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結

株式会社 九南(本社:宮崎県都城市都北町、社長: 黒川 浩之、以下:九南)は2020年7月8日、都城市(宮崎県都城市、市長: 池田 宜永)、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠、以下:日産自動車)、ならびに、宮崎日産自動車株式会社(本社:宮崎県宮崎市花ヶ島町、社長: 松田 安典、以下:宮崎日産)、株式会社日産サティオ宮崎(本社:宮崎県宮崎市大塚町、社長: 平澤 淳之助、以下:サティオ宮崎)との間で電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結しました。
本協定の内容は、都城市が、『電気自動車(EV)の普及を通じて、地域の課題解決や環境負荷の低減に取り組むと共に、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、九南が社の営業車として所有している電気自動車(EV)「日産リーフ」と、日産の販売会社である宮崎日産とサティオ宮崎が所有する電気自動車(EV)「日産リーフ」の試乗車を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というものです。
九南は今後も、電気を通じて皆様の暮らしに寄り添い、より良い社会づくりへの貢献を目指してまいります。


プレスリリース:【都城市・九南・日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結】